一人カラオケ行きたい人~初めの一歩~年齢は関係なし・勇気はちょっとだけ

「一人カラオケ」…略して「ヒトカラ」は、慣れてしまえば抵抗はなくなるものですが、どんな人でもデビューがあるわけで、これから行ってみようと思っている人にとっては、ちょっと踏み出す勇気がいりますね。今は平気で立ち食いそば屋に入れる女性もいますけど…… ま、それはちょっと違いますか。(笑)

 

■一人カラオケに行ったことのある年齢層

「スマートアンサー」の調査による、一人カラオケに行ったことのある割合です。

どの年齢層でも女性の方が多いんですね。20代が多いのはうなずけますが、少ないながらも40、50代もちゃんといることがわかります。だから、年齢を気にする必要はありません。余裕の表情で行けばいいと思います。

 

■行く勇気はどれだけ必要か

経験者のはじめの一歩は以下のような感じ。勇気はほんとにみなさん最初だけです。

*カラオケに一人で行く目的が多様化していると聞いていて、一人で入ることは変わった人だとか思う人は全然いないことがわかっていたので、割りとすんなり入れました。今は普通のことなので、ほとんど勇気なんていらないですよ。(男)
*通い始めた頃はやっぱり不安で、1人は恥ずかしいとか、周りの視線や反応が気になって…。「気にしない気にしない」って言い聞かせて入店していました。(女)
*ストレス発散のためという明確な目的があっていったので、最初から普通に行けました。(女)
*入って受付するところまでは勇気がいりましたね。でも、受付の人はレストランで注文を受けるように、当たり前の顔で案内してくれたので、「あ、もうこれふつうのコトなんだ」って思えて、なんともなくなりましたよ。(男)

なんでも同じで、行ってしまえば問題なし。最初ちょっとだけ勇気を出しましょう。あとはみんな一人ですごく楽しんでいます


 

■初めの一歩をどう踏み出したか

これからの人のために、経験者たちの初めの一歩を紹介してみます。

*「ヒトカラ」歓迎ムードのあるカラオケ店を調べて行った

カラオケ館、ワンカラ、カラオケの鉄人、シダックス、歌広場あたりは、そんなムードで迎えてくれるようです。店舗によることもあるので絶対ではありませんが。先にデビューした友人や知り合いの情報を得ての人が多いようです。

*ネットで一人でも大丈夫なことを確かめてから行った

このサイトのように、大丈夫であることを確認をすることで、不安の要素を軽減して行くことが出来たというものです。みんな最初は同じだったんだという気持ち、人の目を気にする必要なんてないんだという安心感といったものが得られて壁が低くなったということですね。

*練習をしに来たと伝えた

「一人ですがここで歌の練習をしてもだいじょうぶですか」って伝えたという人がいました。まあ、今はそんなこと言う必要ないんですが、これはたぶんヒトカラをしている人がほとんどいなかったころの話でしょう。

結論としては、今はヒトカラが認知されているので、変な演技をすることなく堂々とやればいいだけですね。

 

■「ヒトカラ」はメリットのほうが多い

【メリット】

・待つことなく、好きな歌が好きなだけ歌える。
・へたでも誰に気を使うこともなく、存分に歌えて練習にもなる。
・会員登録して昼間に行けば、かなり料金をおさえることができる。

あと、ホントかなあって思う内容も書いておきますね。

・寿命が伸びる →世界の大学で証明されているそうです。
・気持ちが幸せになる、精神が安定する。
・高血圧を防ぐことができる。
・認知症予防になる。
・ダイエットになる。

【デメリット】

・一人なので、ずっと歌い続けることになり喉が枯れる。
・休日は混んでいるので、店側によく思われないこともある。

 

■「ヒトカラ」の目的は様々

主な目的は以下の通りです。

・歌がうまくなりたいから。
・ダイエットにいいから。
・プレゼンの発表のための練習をしたいから。
・スピーチの練習をするため。

中には、「カラオケバトル」(テレビ東京の番組)に出たいから、っていうものもありました。

 

最後に、なぜ「ヒトカラ」のことを書いたかですが…

普段、大声で歌える場所は車の中だけで、私自身まだヒトカラをやったことがないので、「行ってみたいな」という興味があるからです。歌はうまいと言われてきたので(こんなところで自慢してすみません)、点数も気になりますし。(カラオケバトルはいつも見ています)。

今は、ゴルフなども一人予約してラウンドするし、様々なことで一人行動が普通になってきています。一人カラオケもその1つに過ぎないと考えて、行きたい人は迷ってないで早くデビューをして楽しみましょう。